Projects

QHT, QHServer

「あたりまえ」を測ろう

コロナ禍において2020年に37.5℃以上の人は入場できないというキーワードをもとに。
また、多くの企業で入口で体温を測定し名前を記入するという大変面倒な作業を見た際に、弊社の持っている顔認証エンジンと検温可能な赤外線センサーを利用した、本人確認をしつつ、データ取得が可能な端末を用意したら世の中のためになると2ヶ月で開発販売を行ったプロダクト。

プロダクト目的 入り口における、検温一次スクリーニング及び顔認証システム
価格帯 298,000円(+税) + サブスクによるクラウドサービス
販売店 販売店形式(日本全国にございますので、ご希望の形にはご紹介可能です。) 2021年10月1日現在 ヤフーショッピング、楽天などでも販売されています。
実績 大手企業含む全国3500ヵ所以上の導入実績
API連携による様々な連携サービスを行っています。
その他 現在ではQHT2(FRS)のリリースに向けて顔認証及び入口での認証システムプラスアルファの入り口の新しい形を開発中。2021年度内を目処に別途発表予定。

Contact